私たちは、魚類の繁殖機構を内分泌学的・分子生物学的に明らかにすることを目指しています。しかし、生理学的研究だけでは、その魚類の本当の繁殖を理解することにはなりません。対象となる魚類の暮らしぶりを知り、その中で起こる生理変化を捉えることが必要です。そこで、私たちは、産卵回遊や繁殖行動にも視点を当てた生理生態学的研究を進めています。

研究室の内容を紹介したYoutubeを公開しました。

​卒業研究室・大学院(博士前期・博士後期)進学の参考にしてください。

研究室の最新情報は、What's new (研究室ブログ)へ

大学院生の募集

​私たちの研究に興味があり、大学院生として一緒に研究をしたいと考えている方を歓迎します。征矢野までメールで連絡ください。

851-2213 長崎市多比良町1551-7  長崎大学海洋未来イノベーション機構環東シナ海環境資源研究センター

Institute for East China Sea Research (ECSER), Organization for Marine Science and Technology (OMST), Nagasaki University, 1551-7 Taira-machi, Nagasaki 851-2213, Japan

​連絡先

​©︎ 2020 Kiyoshi Soyano

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now